倉木麻衣さん児童にエール 停電、再開の学校で熱唱 鴨川 【台風15号 被災地はいま】

台風15号の被災地を激励しようと、船橋市出身の歌手、倉木麻衣さんが鴨川市の市立長狭学園を訪れ、歌声を披露した。
台風15号の被災地を激励しようと、船橋市出身の歌手、倉木麻衣さんが鴨川市の市立長狭学園を訪れ、歌声を披露した。
被災地の児童生徒と交流する倉木さん(中央)=25日午後4時50分、鴨川市の長狭学園
被災地の児童生徒と交流する倉木さん(中央)=25日午後4時50分、鴨川市の長狭学園

 台風15号の被災地を激励しようと、歌手の倉木麻衣さん(36)=船橋市出身=が鴨川市の市立長狭学園(松本幸雄校長、児童生徒227人)を訪れ、人気アニメのテーマ曲などを熱唱した。倉木さんは停電などで不安な日々を過ごした子どもたちを気遣い、「みんなが元気になりますように」とエールを送った。

 倉木さんは音楽活動の傍ら、東日本大震災や熊本地震の被災地を訪れ、復興支援などを行っている。今回、停電で休校が続いていた同学園で、久しぶりに授業が再開されたことを報道で知った倉木さんが「子どもたちを元気づけたい」と申し出て、一日限りのコンサートが実現した。

 倉木さんはデビュー曲の「Love, Day After Tomorrow」や人気アニメのエンディング曲になった「Secret of my heart」などを披露。コンサート終盤には、壇上から降りて児童や保護者一人一人とハイタッチした。

 倉木さんは「大好きな千葉県で暮らすみんなに少しでも元気を届けたかった。大変なこともあるけど、心を一つにして、一緒に支え合っていこう」と激励。6年生の首藤恵さん(11)は「4日間も停電が続いて大変だったけど、元気をもらえた」と感動していた。


  • LINEで送る