太陽光など新エネ活用へ 千葉市、専門チームで可能性探る

 千葉市は、太陽光発電など再生可能エネルギーの導入をめぐり、プロジェクトチームを本年度中に発足させる。市有地で市や事業者による発電事業の実現可能性を探るほか、市内で再生可能エネルギーによる発電に参入する事業者に対して、どのような支援ができるか検討する。

 同チームは、県のプロジェクトチーム立ち上げを受けて検討を開始した。市温暖化対策室が事務局となり、太陽熱発電、バイオマス発電、大規模太陽光発電所(メガソーラー)を含む太陽光発電などの発電について、市有地での事業の可能性や、事業者に対してどのような支援が可能か検討していく。まだ決まっていないが、太陽光発電設備設置費助成事業を行う市住宅政策課など、再生可能エネルギーに関する事業を実施している部署がプロジェクトチームに参加する見通しが高いという。


  • LINEで送る