“ジェット気流”で3連勝 ホーム初戦、奇跡の逆転劇 プロバスケ千葉ジェッツ

  • LINEで送る

試合後、ブースターと喜びを分かち合った選手たち。写真は本県ゆかりの田中健介(右端)と亀崎光博(右から2人目)の両選手
試合後、ブースターと喜びを分かち合った選手たち。写真は本県ゆかりの田中健介(右端)と亀崎光博(右から2人目)の両選手

 1783人の千葉ブースター(ファン)の心をわしづかみだ。男子プロバスケットボールbjリーグ新規参入の「千葉ジェッツ」は22日、本拠地の船橋アリーナ(船橋市)でホーム初戦を迎え、残り1秒で同点に追い付き延長で突き放す奇跡の逆転劇を演じた。これで開幕3連勝。23日のホーム2戦目は惜しくも敗れたが“ジェット気流”の勢いはまだまだ止まらない。

 前週、敵地で昨季王者「浜松・東三河フェニックス」に連勝したジェッツは、ホーム開幕で「横浜ビー・コルセアーズ」と対戦。最終クオーター、残り1秒3点差の窮地で、ジャメル・スタテン選手が放った3点シュートがゴールに吸い込まれると、観客席は総立ちとなった。

 延長戦は石田剛規選手の3点シュートが次々と決まり、82-80で勝利。試合後、選手たちはブースターたちとハイタッチで喜びを分かち合った。

 29、30日は会場を千葉商科大学(市川市)に移して「高松ファイブアローズ」を迎え撃つ。チケット購入はホームページhttp://www.chibajets.jp/。問い合わせは運営会社ASPE、電話047(401)4084。