イセエビまつり好調 つかみ取り、ビンゴも人気 いすみ

  • LINEで送る

水槽内を泳ぐイセエビをつかみ取りする来場者=いすみ市
水槽内を泳ぐイセエビをつかみ取りする来場者=いすみ市

 いすみ市の港の朝市で開かれているイベント「イセエビまつり」が好調だ。つかみ取りコーナーはオープンから行列ができ、毎回40キロ超を販売。イセエビが当たる限定のビンゴカードは15分以内に完売している。朝市の担当者は「いすみのイセエビは甘くプリプリ食感。旬を味わって」と来場を呼び掛けている。

 イベントは特産のイセエビのPRが目的。8月1日の漁解禁に合わせて始まった。10月6日までの毎週日曜日と9月14日の土曜日に開催される。

 つかみ取りは大型水槽内を泳ぐイセエビをトングでつかむ。重さは1匹平均250グラムほどで、100グラム当たり750円(出漁状況により価格変動あり)で販売している。来場者は水槽をのぞき込み、気に入った大きさを選んではトングを伸ばしてかごに入れていった。

 ビンゴは1枚200円で、100枚限定で開場とともに販売。早く列がそろった10人にイセエビ関連商品などが贈られる。

 会場には魚の干物や貝といった海産物がずらりと並び、バーベキューコーナーで調理して食べることができる。

 午前8時~正午。問い合わせは運営委(電話)0470(62)1191。