空港行きバス 多古町クイズ 利用者50万人達成日は?

多古町が運行するシャトルバス
多古町が運行するシャトルバス

 多古町は、町が運行する、町-成田空港のシャトルバスの延べ利用者数がまもなく50万人に達することを記念し、達成日を予想するクイズを実施している。的中賞と前後賞各50人ずつに道の駅多古で利用できる商品券をプレゼント(各賞50人を超えた場合は抽選)。19日まで。

 シャトルバスは成田空港へのアクセス向上を図ろうと、2010年9月に運行を開始。当初は1日11往復22便で始めたが、町民からの増便要望などがあり、16年から20往復40便とした。昨年度の利用者は9万4954人で、鉄道のない同町の交通手段として根付いている。

 クイズは利用者へ日頃の感謝を示すとともに、さらなる乗客獲得を狙って実施。本年度は7月末までに3万4888人の利用があり、50万人まであと8390人となっている。

 町企画空港政策課は「年々利用者が伸び続けていてありがたい。さらなるPRにつながれば」と期待している。

 応募用紙は町ホームページでダウンロードでき、道の駅多古かシャトルバス内で投函(とうかん)する。的中賞に5千円分、前後賞には2千円分の商品券を贈る。問い合わせは同課(電話)0479(76)5409。


  • LINEで送る