イオンに「赤ちゃんの駅」 おむつ替えや授乳スペースも 館山で民間登録第1号

市内民間登録第1号の「赤ちゃんの駅」となったイオンタウン館山で、シンボルマークを交付する金丸市長(奥中央左)とイオンタウンの金倉事業部長=館山市
市内民間登録第1号の「赤ちゃんの駅」となったイオンタウン館山で、シンボルマークを交付する金丸市長(奥中央左)とイオンタウンの金倉事業部長=館山市

 乳幼児を抱える母親が安心しておむつ替えや授乳を行える施設「赤ちゃんの駅」の設置を進める館山市で、民間施設での設置第1号が登録された。

 民間第1号として名乗りを挙げたのは、同市八幡の「イオンタウン館山」の赤ちゃん休憩室。同店内には従来から、赤ちゃん用品売り場そばとフードコート奥の2カ所に赤ちゃん休憩室があったが、この2カ所を市の進める「赤ちゃんの駅」に登録した。おむつ替え、授乳スペースのほか、ミルク用のお湯なども提供する。

 民間登録第1号に金丸謙一市長は「赤ちゃんと安心して外出できる環境を整えることが大事だと思ってやってきた」として、活動の広がりに期待した。イオンタウンの金倉鋭典・営業本部第二事業部長は「地元はもちろん、観光客が非常に多いと聞き、たくさんの人にお使いいただきたい」と述べた。


  • LINEで送る