消費増税で値上げへ 定期代など10月から 千葉都市モノレール

  • LINEで送る

 千葉都市モノレールは9日までに、10月の消費増税に合わせて、増税相当分を転嫁する運賃の値上げを関東運輸局に申請した。

 同社営業課によると、値上げ幅に相当する改定率は切符とICカード乗車券利用が1・809%、通勤定期券が1・903%などで、平均1・848%。

 ICカードの初乗り運賃は195円から199円になる。最長距離(14キロ)の運賃が適用される千城台-千葉みなと駅間と千城台-県庁前間は504円から513円に値上げ。切符は据え置きと値上げの区間がある。