マルシェで朝市活性化 勝浦・手作り菓子や雑貨販売

  • LINEで送る

手作りの雑貨や食品などを扱う店が並んだ「勝浦マルシェ」=勝浦市
手作りの雑貨や食品などを扱う店が並んだ「勝浦マルシェ」=勝浦市

 勝浦市の中央商店街で、「勝浦マルシェ」が開かれた。市内外から手作りの菓子や雑貨などを扱う店が集まり、400年超続く伝統の勝浦朝市と一緒に地域を盛り上げた。

 マルシェは朝市運営団体「かつうら朝市の会」が主催で2回目。今年1月に朝市への新規出店者募集やにぎわい創出を目的に始まった。

 インターネットなどで出店者を募り、市内のほか安房や長生両地域、都内などから15店が集まった。店先にはオーナーらが手掛けたアクセサリーや洋服、腕によりをかけた料理が並び、来場者は気に入った品を見つけては購入していた。

 同会の江澤修会長(69)は「初開催以降、朝市が10店ほど増えた。今後も魅力ある店を誘致したい」と力を込めた。