清流に輝く銀鱗狙う アユ釣り解禁

  • LINEで送る

アユ釣りが1日、解禁になり、市原市と大多喜町を流れる養老川には早速愛好者が訪れ釣り糸を垂れた
アユ釣りが1日、解禁になり、市原市と大多喜町を流れる養老川には早速愛好者が訪れ釣り糸を垂れた
養老川でアユ釣りが解禁となり、早速釣り上げる愛好者も=1日
養老川でアユ釣りが解禁となり、早速釣り上げる愛好者も=1日
解禁初日、アユ釣りを楽しむ愛好家=1日、富津市
解禁初日、アユ釣りを楽しむ愛好家=1日、富津市

■市原・大多喜 養老川

 市原市と大多喜町を流れる養老川で1日、アユ釣りが解禁され釣り人が繰り出した。

 午前5時の解禁を待ちかねた愛好者が、同市国本の養老川漁業協同組合(田中孝治組合長)を訪れ、友釣り用のおとりのアユを買い求めた。養老渓谷周辺は変化に富んだ釣り場が多く、それぞれお気に入りのポイントで初日を楽しんだ。同漁協の前副組合長、正木源康さん(72)は「アユの姿が見える」とうれしそうに話していた。

 今シーズンに備え、同漁協は合計8万9千匹の稚アユを放流した。田中組合長(69)は「首都圏中央連絡自動車道により、アクセスの良い中房総でアユ釣りを楽しんでほしい」とPRしていた。

 16日には第14回養老川アユ釣り大会を予定する。アユ釣りは9月末まで、遊漁料が必要。問い合わせは同漁協(電話)0436(96)0765。

■富津・湊川

 富津市を流れる湊川の支流・相川にも1日、県内各地からアユ釣りの愛好者が訪れ、早朝からさおを並べた。

 青空が広がる絶好の釣り日和。初日に合わせて毎年訪れる愛好者が多く、夜の明けた午前5時ごろから次々と釣り糸を垂れた。どぶ釣り(毛針)、餌釣り、コマセと釣り方もさまざまで、清流に輝く銀鱗を狙い粘っていた。

 君津市の自営業男性(63)と市川市から来た会社員男性(42)の2人組は、4時間ほどで20~30匹の釣果。「ポツポツですね。昨年は3桁は釣れた。魚はいますけど、食いが悪い。水の流れが少ないから低調なのかな…」と口をそろえた。

 大きさは10センチ前後。釣り客たちは今後の成長と魚影の活発化を期待した。

 湊川とその支流は、天然アユを釣ることができる県内でも数少ない川。サイズは小ぶりながら、数が期待できることで知られる。湊川漁業協同組合による解禁前の試し釣りでは、例年並みの成育ぶりを確認している。

 料金1日券2千円、期間中通し券5千円。投げ網も7月1日に解禁され、通し券8千円。いずれも漁期は9月30日まで。問い合わせは同組合(電話)0439(67)2355。