ふなっしー、一日署長 交通安全呼び掛け 船橋署

  • LINEで送る

一日警察署長に任命された「ふなっしー」ら=12日、船橋警察署
一日警察署長に任命された「ふなっしー」ら=12日、船橋警察署
自動運転の「モバイルモビリティ」のデモ走行を見守る「ふなっしー」
自動運転の「モバイルモビリティ」のデモ走行を見守る「ふなっしー」
高齢者の運転免許自主返納に関する調印式に出席した一日警察署長の「ふなっしー」(後列中央)ら=12日、船橋警察署
高齢者の運転免許自主返納に関する調印式に出席した一日警察署長の「ふなっしー」(後列中央)ら=12日、船橋警察署

 春の全国交通安全運動に伴い、船橋警察署(坂本和久署長)は12日、同署でイベントと出動式を開き交通安全を呼び掛けた。交通安全協会員ら約110人が出席。運転免許を自主返納した高齢者へのサービスを紹介したほか、船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」も一日警察署長として参加した。

 坂本署長は186人に上った昨年の千葉県内交通事故死亡者の半数が高齢者だったことや、加害者も49人が高齢者だったことを説明した。

 この後、同市内に本店がある「伊藤楽器」との調印式に臨み、運転免許返納者には同社が開く音楽教室の入会費などが免除となる協定を締結。坂本署長は「運転に自信のない方が免許を返納する制度が進めば事故も減る。ご協力をいただければ」と話した。

 ふなっしーは“お友達”で県のマスコット「チーバくん」と県警の「シーポック」と並んでポーズを取り、信号機の配色を表現。交通安全を「お願いしますナッシー」と甲高い声で呼び掛けた。また、高齢者の新たな移動手段となるAIによる一人乗り完全自動運転ロボット「モバイルモビリティ」の試験走行も見守った。

 船橋法典高校吹奏楽部員も演奏で交通安全を訴えた。蕪響喜さん(17)と牧田玲未さん(16)が一日警察官を務め、「事故は最近、ニュースで大きな話題になっている。周りにも注意を呼び掛けたい」と話した。