大相撲40年ぶり“東金場所” 8月巡業 9日チケット先行販売

鹿間市長(手前)に夏巡業のあいさつに来た枝川親方=8日、東金市役所
鹿間市長(手前)に夏巡業のあいさつに来た枝川親方=8日、東金市役所

 大相撲の夏巡業が8月4日、東金市の東金アリーナで行われることが決まった。巡業担当で「蒼樹山」の四股名で活躍した時津風部屋の枝川親方が8日、市役所を訪れ「本場所に来られない多くの人に足を運んでほしい」と呼び掛けた。市内開催は40年ぶり。きょう9日、会場でチケットの先行販売が始まる。

 「令和元年夏巡業 大相撲東金場所」と銘打ち、横綱鶴竜や白鵬、新大関貴景勝ら約160人の力士が参加。握手会や公開稽古などを通じ力士と直接触れ合える貴重な機会となる。前回は1979年、東金中学校で開かれた。

 枝川親方は「令和元年の巡業が東金市40年ぶりの開催となり喜ばしい。力士を目指す子どもが増えてくれたらうれしい」と期待。鹿間陸郎市長は「市民を代表し歓迎する」と応じた。

 時間は午前8時~午後3時。まず公開稽古や幕下以下の取組などが行われ、午後に十両以上の土俵入りや髪結い実演などがある。チケットは2千~2万3千円で先行発売は今月9~11日の午前10時~午後6時。問い合わせは大相撲地方巡業事務局(電話)0570(077)100。


  • LINEで送る