鯛&駄じゃれ楽しんで 14日にイベント運行 銚子電鉄

  • LINEで送る

 銚子電鉄(銚子市、竹本勝紀社長)などは14日に、鯛(たい)料理と駄じゃれが楽しめるイベント電車「鯛パニック号」を運行する。

 地元の飲食店などが構成する「銚子うめぇもん研究会」と同電鉄、駄じゃれを活用したイベントなどに取り組む一般社団法人「日本だじゃれ活用協会」が主催。銚子漁港で水揚げされた旬のハナダイと、柔らかくて甘い地産キャベツを使った料理を提供。その後、銚子を“調子よく”するような駄じゃれ作りを体験してもらう。

 同日正午、同電鉄仲ノ町駅集合。1人3千円(鯛料理と1日乗車券を含む)。定員30人。問い合わせは同電鉄(電話)0479(22)0316。