選挙に関心持って 人気投票やクイズで啓発 千葉市で千葉県選管

  • LINEで送る

ショッピングモール内に特設された模擬投票所で県内観光スポットの人気投票に参加する子ども=23日、千葉市美浜区のイオンモール幕張新都心
ショッピングモール内に特設された模擬投票所で県内観光スポットの人気投票に参加する子ども=23日、千葉市美浜区のイオンモール幕張新都心

 統一地方選の前半戦となる千葉県議選(29日告示、4月7日投開票)に向けて有権者の関心を高めようと、県選管などは23日、千葉市美浜区のイオンモール幕張新都心で啓発イベントを開いた。本物の投票箱を使った模擬投票やクイズ大会を初めて企画。買い物に訪れた多くの親子連れでにぎわった。

 会場の一角に設けられた模擬投票所で「県内観光スポット人気投票」に票を投じた同市花見川区の畠山心杏ちゃん(6)は「楽しかった」と笑顔。母親の桂子さん(38)は「選挙にあまり関心はなかったが、子どもが興味を持ったので立ち寄った」と話した。

 県議選の投票率は2011年の40・04%、15年の37・01%と、直近の2回連続で戦後最低を更新している。