レトロ消防車乗りに来て 屋外展示、パレードも 21日からイベント 御宿

  • LINEで送る

「ぜひ来場を」と消防のはんてん姿で呼び掛ける鈴木館長(右)=御宿町
「ぜひ来場を」と消防のはんてん姿で呼び掛ける鈴木館長(右)=御宿町

 御宿町実谷の消防自動車博物館がオープン5周年を迎え、21~24日に記念イベントが開かれる。普段、室内に飾られているレトロな消防車など5台を屋外に展示。パレードや体験乗車を予定しており、鈴木靖幸館長(60)は「希少な車ばかり。ぜひ乗りに来てください」と来場を呼び掛けている。

 同館は観光牧場「ファームリゾート鶏卵牧場」内にあり、ひよこ育成舎を活用して2014年3月21日に開館した。鈴木館長が集めた1920~80年までに製造された消防車15台と救急車2台を収蔵している。

 イベントでは、名作絵本「しょうぼうじどうしゃじぷた」の主人公のモデルになったジープ型消防車、三輪消防車やポンプ車など5台を屋外に展示。牧場内をパレードし、体験乗車ができる。

 いずれの日も午前10時~午後4時。入場料500円(小学生以下無料)。問い合わせは同牧場(電話)0470(68)2631。