長~い鼻で満開の桜 市原、姉妹ゾウお絵描き

  • LINEで送る

満開の桜の絵を描くゆめ花(左)とりり香=市原市
満開の桜の絵を描くゆめ花(左)とりり香=市原市

 市原市山小川の動物園「市原ぞうの国」で、お絵描きが得意なアジアゾウの姉妹「ゆめ花」(11歳)と「りり香」(5歳)が満開の桜を描くパフォーマンスが始まった。画用紙いっぱいに春の風景が描かれ、来園者は「上手」などと驚きの声を上げている。

 同園によると、桜のお絵描きは春の恒例行事で、今年は姉が近くの高滝湖を彩る桜、妹が菜の花畑の中で咲き誇る桜にそれぞれ挑戦。ゾウ使いのサポートを受けながら、鼻の先でつかんだ筆を巧みに動かし、あっという間に彩り豊かな作品を完成させている。

 同園は「それぞれの個性が表れた作品。市原市の観光スポットの高滝湖にも足を伸ばしていただければ」と呼び掛けている。

 桜のお絵描きは4月半ばごろまで、1日2回開かれる「ぞうさんショー」の中で披露する。雨天中止。3月14日と4月11、18日は休園。問い合わせは同園(電話)0436(88)3001。