佐倉・市役所で初猫の譲渡会 24日、動物愛護の啓発も

  • LINEで送る

市役所で開かれる「さくら保護猫譲渡会」のチラシ
市役所で開かれる「さくら保護猫譲渡会」のチラシ

 佐倉市役所を会場とした保護猫の譲渡会が24日、初めて開かれる。地域の動物愛護団体の呼び掛けに市が応じ、会場を提供。当日は市職員も立ち会い、動物愛護の啓発活動を行う予定で、市の担当者は「成功すれば引き続き開催したい」としている。

 イベント名は「さくら保護猫譲渡会」。佐倉を拠点に猫の保護活動をしている「ラブーケ」など3団体が主催し、市生活環境課が後援する。イベントは7回目で、従来は市西部のユーカリが丘地区の動物病院で開催してきたが、東部地区で開催したことがなかったため、市に相談して市役所玄関脇での開催が実現することになった。

 当日は保護猫10匹程度が参加予定。保護団体のスタッフが、猫と飼育を希望する市民らとの間を取り持つ。市職員は猫の屋内飼育に努めることや、不妊・去勢手術をできるだけ行うことなどを啓発するチラシを配布する。

 当日は3月の第4日曜に当たるが、同市役所は毎月第2・第4日曜に開庁して住民基本台帳や納税関係などの一部業務を行っており、引っ越しシーズンのため住民票などの手続きに多くの人が訪れることが予想される。

 市生活環境課は「飼い主のいない猫の問題については市広報紙などでも啓発しているが、周知には限界がある。譲渡会の場で宣伝すれば、もっと多くの人に認識してもらえるのでは」と効果に期待している。

 時間は正午~午後3時。譲渡会ホームページはhttps://sakuraneko.site/