古民家に七段飾り 28日から「町家ひな祭り」 印西・武蔵屋まちかど博物館

  • LINEで送る

風情のある古民家に豪華な七段飾りなどが展示される
風情のある古民家に豪華な七段飾りなどが展示される

 3月3日の桃の節句に合わせ、印西市木下の国登録有形文化財「武蔵屋まちかど博物館」で28日~3月3日、「町家ひな祭り」が開かれる。

 子どもの健やかな成長を願うとともに、伝統文化を次の世代につなぎ、地域の活性化を図る狙いで開かれており、今年で14回目。「武蔵屋まちかど博物館保存会」(岩井宗志代表)が主催する。

 古民家ならではの情緒を生かしつつ、豪華な「七段飾り」をはじめ、華麗な打ち掛けなどを展示。貝合わせや書道で楽しむコースターづくりなどのイベントも行われる。

 中庭では、かれんに咲いた梅の花を堪能できるほか、打ち掛けを羽織って記念撮影もできる。甘酒や焼き芋などのおもてなしも用意している。

 時間は午前10時~午後4時。入場無料。問い合わせは岩井さん(電話)090(2525)0559。