チョコ配り乗客お出迎え バレンタインデー、成田空港でJAL

  • LINEで送る

成田山新勝寺に奉納される「恋のお願い事」を記入する乗客=14日、成田空港第2ターミナル
成田山新勝寺に奉納される「恋のお願い事」を記入する乗客=14日、成田空港第2ターミナル
搭乗口でJAL中部国際空港便の乗客にチョコレートを配る客室乗務員
搭乗口でJAL中部国際空港便の乗客にチョコレートを配る客室乗務員

 バレンタインデーの14日、日本航空(JAL)は成田空港第2ターミナルでバレンタインイベントを行い、国内線の乗客らにチョコレートをプレゼントした。

 国際線チェックインカウンターでは2日からこの日まで、乗客から「恋のお願い事」を集めたほか、メッセージ付きキャンディーやハート型に折った折り紙で作った首飾りなどを乗客にプレゼント。国内線搭乗ゲートでは、制服姿の客室乗務員や整備スタッフらJALグループの女性社員9人と男性社員1人が乗客をお出迎え。中部国際空港行きJAL便の乗客らに、用意した約150個のチョコレートを配った。

 仕事でインドネシアから帰国し、名古屋に向かうという会社員、斉藤高史さん(41)は「インドネシアから到着早々でチョコをもらえるなんて。偶然ですが悪くないですね」と話していた。

 思い思いの願いが書き込まれた「恋のお願い事」のカードは、きょう15日、人々に良縁をもたらすとされる愛染明王をまつる成田山新勝寺光明堂に奉納される。

 また、JALとロッテは、同日のJAL国内線のほぼ全路線、日本発国際線全便の乗客にオリジナルチョコをプレゼントした。