館山⇔東京往復、4800円 高速ジェット季節運航開始、よりお得に

  • LINEで送る

季節運航が始まった高速ジェット船に乗り込む乗客
季節運航が始まった高速ジェット船に乗り込む乗客
東京・竹芝桟橋から館山に到着した高速ジェット船=2日、館山夕日桟橋
東京・竹芝桟橋から館山に到着した高速ジェット船=2日、館山夕日桟橋

 東京・竹芝-館山間を75分で結ぶ東海汽船(東京都港区)の高速ジェット船「セブンアイランド」の季節運航が2日、始まった。今年から新たに館山から東京へ向かう4日間有効の往復切符を発売。運賃も4800円と値下げし、電車や高速バスよりお得に往復できる。3月24日まで。

 高速ジェット船は春の行楽シーズンに合わせて運航されており、今年で16年目。竹芝-館山-伊豆大島間を時速約80キロで結び、毎年多くの観光客らが利用している。

 今回、東京からの観光客向けに発売した館山滞在ができる往復切符に加え、館山側からも同様の切符を発売。運賃も昨年より200円値下げし、利便性を大幅に向上させた。

 運航初日となる2日には、館山夕日桟橋で歓迎セレモニーを開催。たてやま・ポートシスターズや金丸謙一市長らが、竹芝桟橋から寄港した第1便を大漁旗などで盛大に出迎えた。同船の犬飼真樹船長は「運航初日の海は静かで穏やかだった。快適な船旅を楽しんでもらえれば」と話した。

 東海汽船では、切符と合わせて早春の館山を満喫できるウオーキングツアーも用意。問い合わせは同社お客様センター(電話)03(5472)9999。