茜に染まる漁船と水面 船橋港 【望景】

  • LINEで送る

 大型商業施設のすぐ隣。美しい夕焼けが、漁船の浮かぶ水面をあかね色に染めている。漁師町船橋の原風景を伝える、絵画のような一枚が撮影できた。

 親水公園一帯は船橋港と呼ばれていたが、今は千葉港の一部。ウッドデッキや展望台から港が一望でき、近隣住民のオアシスとなった。夏には花火大会や夕涼みも楽しめる。高潮波浪対策のゲートもあり、災害から市民を守る役割も果たしている。

 都心に近い千葉の中核都市で見つけた憩いの港。多忙な毎日の疲れを癒やすため、また来よう。