躍動の書道パフォーマンス 16団体出演「新春和の祭典」 柏のイオン

  • LINEで送る

帝京大学書道部は、音楽に合わせて躍動感あふれる書道パフォーマンスを披露した=柏市のイオンモール柏
帝京大学書道部は、音楽に合わせて躍動感あふれる書道パフォーマンスを披露した=柏市のイオンモール柏

 千葉県内外の子どもたちや学生が日本の伝統文化を紹介する「新春 和の祭典」が、柏市のイオンモール柏で開催された。16団体が出演し、躍動感あふれる書道パフォーマンスや和楽器の演奏、空手など、迫力のステージを披露した。

 東葛地区や近隣県の学校、カルチャースクールに通う子どもたちが、ダンスや吹奏楽などで会場を盛り上げる恒例イベント「イオンモール柏キッズフェス」の正月版。今回は道場「パラエストラ柏」や柏市三曲協会、我孫子市の中央学院大学書道部ら地元勢も数多く参加した。

 そろいのはかま姿で登場した帝京大学(東京都)書道部は、迫力満点の書道パフォーマンスに挑戦。音楽グループ「いきものがかり」の人気曲「じょいふる」のメロディーに合わせ、特大用紙の上でリズミカルに筆を動かし、色とりどりのペンキを使って歌詞を書き上げた。

 また、今年のえとにちなみ、力強い筆致で「猪突猛進 ひたむきに着実に突き進む‼」の大書を完成させると、大勢の見物客から拍手が湧き起こった。

 同大3年の兼平有里奈部長(21)は「良い新年のスタートが切れた。この1年、書道部も頑張って突き進んでいこうという気持ちが高まった」と達成感をにじませた。