冬の夜彩る250万球 袖ケ浦・東京ドイツ村

  • LINEで送る

電球が織りなす光の世界が来場者を魅了した=1日、袖ケ浦市のドイツ村
電球が織りなす光の世界が来場者を魅了した=1日、袖ケ浦市のドイツ村

 千葉県袖ケ浦市永吉のテーマパーク「東京ドイツ村」で1日、約250万個の鮮やかな電球が輝く冬のイルミネーションが始まった。日本夜景遺産に認定されている幻想的な世界が来場者を魅了している。4月7日まで。

 県内外から多くの観光客が訪れる人気イベント。13回目を迎えた今年のテーマは「ドイツ村の奇跡」で、見晴らし台からは赤や黄色の電球であしらった鳳凰(ほうおう)の絵を一望できる。全長約70メートルの「虹のトンネル」も健在だ。

 点灯時間は日没から午後8時まで。問い合わせはドイツ村(電話)0438(60)5511。