受験生に特色PR 幕張メッセ 私立高校フェアに3500人

  • LINEで送る

担当者(左)から説明を受ける受験生ら=17日、千葉県美浜区の幕張メッセ
担当者(左)から説明を受ける受験生ら=17日、千葉県美浜区の幕張メッセ

 千葉県内の全私立高校59校が参加する進学相談会「2018千葉県私学フェア」(県私立中学高等学校協会主催、千葉日報社など後援)が17日、美浜区の幕張メッセ国際会議場で開かれ、受験生や保護者ら計約3500人が来場した。

 同フェアには県内の全ての私立高校や、併設中学校が参加。私立小学校も資料出展した。会場では参加校がそれぞれブースを構え、担当者が学校案内や入試関係資料を手に特色を説明。制服の展示や校内行事の写真、映像などを通じて分かりやすくアピールする学校もあった。

 来場者は関心のある学校の教育方針や校風、部活動などについて、真剣な表情で質問。高校教諭による授業「ワクワク先生のおもしろ講座」も開かれ、中学生らが志望校の雰囲気を一足早く体験していた。

 友人と訪れた佐倉市立志津中学校3年、栁昇吾さん(15)は「入試の傾向や校風を詳しく聞けた。参考にして志望校を決めたい」。鎌ケ谷市立第二中学校3年、猪股奈央さん(14)は「バスケ部かダンス部がある高校を探している。明るい雰囲気の高校に通いたい」とブースを見て回っていた。