五輪会場で伝統の神事再現 一宮、13日「上総十二社祭り」

  • LINEで送る

男衆らに担がれた神輿は釣ケ崎海岸にある鳥居の下に集まってくる=昨年9月13日、一宮町
男衆らに担がれた神輿は釣ケ崎海岸にある鳥居の下に集まってくる=昨年9月13日、一宮町

 一宮町の釣ケ崎海岸で13日、伝統の「上総十二社祭り」(上総裸まつり)が開かれる。2020年東京五輪のサーフィン会場になっている海岸を、千人以上の男衆らに担がれた神輿(みこし)が駆け抜ける豪快な神事が繰り広げられる。

 房総半島に多い浜降り神事の中でも最古とされる十二社祭りは、807(大同2)年に始まったと伝えられ、県の無形民俗文化財に指定されている。町中心部にある玉前神社の御祭神「玉依姫命(たまよりひめのみこと)」と一族の神々が、釣ケ崎海岸の鳥居の下で1年に1度の再会を祝う伝承が再現される。

 当日は町内外の神社を出発した神輿が海岸を走り抜け、午後3時すぎに釣ケ崎海岸の祭典場に集合する。会場はカメラを手にした見物客でにぎわいをみせる。問い合わせは玉前神社(電話)0475(42)2711。