クイズで千葉氏知って JR千葉駅、「北斗の拳」とコラボ

  • LINEで送る

千葉氏と漫画「北斗の拳」のケンシロウがコラボした顔出しパネル=24日、ペリエ千葉エキナカ4階

 千葉のまちの礎を築いた豪族「千葉氏」と人気漫画「北斗の拳」がコラボレーションした夏休みの特別企画「千葉氏がわかる展示会」が24日、JR千葉駅改札内のペリエ千葉エキナカ4階で開幕した。千葉氏の歴史を知ってもらう取り組みで、クイズやトーク企画を実施。千葉氏と同漫画主人公になりきれる顔出しパネルも登場した。あす26日まで。

 千葉氏の中興の祖とされる千葉常胤の生誕900年を記念。市は本年度、千葉氏の一族が北斗七星をあがめる「妙見信仰」のもとに結束したとの歴史から、同じく北斗七星が物語の鍵になっている同漫画とコラボ企画を行っている。

 同特別企画では千葉氏の功績などを問う「千葉氏マスタークイズ」を実施。10問すべてに正解した人に、同漫画の主人公ケンシロウらが描かれたオリジナルクリアファイル(全5種のいずれか)を贈る。各日先着200人限定。

 会場には千葉氏の歴史や県内のゆかりの地を紹介するパネル21枚を展示。写真を撮影して楽しめるケンシロウと常胤の顔出しパネルや、当時を再現した手作りの甲冑(かっちゅう)も設置している。26日(1)午後1時(2)同3時(3)同5時からの各10分間、現代によみがえった甲冑武者“千葉常胤”とトークしながら千葉氏について学べるイベントを実施する。

 市都市アイデンティティ推進課は「楽しみながら千葉氏の歴史を知り、千葉のまちに愛着を深めてほしい」と期待。同漫画のファンだという若葉区の会社員、仲田和弥さん(40)は「北斗七星つながりのコラボというのが面白い。千葉氏を学ぶ良い機会になった」と展示を眺めていた。