屏風ケ浦背にダンス 華やか衣装で登場 きょう8日まで銚子ハワイアンフェス

  • LINEで送る

屏風ケ浦を背景にダンスする出演者=7日、銚子市

 海食崖の絶壁が続く名勝「屏風ケ浦」を背景にフラダンスなどを披露する「銚子ハワイアンフェスティバル2018」が7日、銚子市の銚子マリーナ海浜公園で始まった。

 ヤシの木が植えられた美しい海辺の景観を地域活性化に生かそうと毎年行われ6回目。今年は開催日が1日増え2日間となり、両日合わせて計19団体のダンサーが踊るという。

 この日は屏風ケ浦を望む野外ステージに、色鮮やかな衣装を身に着けたダンサーたちが笑顔で登場し、バンドの生演奏などに合わせて華やかな踊りを披露した。会場では、ハワイアンショップや飲食の出店も並び、集まった人々は南国ムードを味わった。

 きょう8日まで。同日は午前11時半~午後7時半。小雨決行、荒天中止。入場無料。問い合わせは事務局(電話)090(7818)6574。