全国の和太鼓チーム競演 14、15日 成田山新勝寺で祭典

  • 0
  • LINEで送る

50チーム超、総勢約1500人の出演者が集う「成田太鼓祭」(写真は昨年)

 全国各地の和太鼓チームが競演する国内最大規模の祭典「成田太鼓祭」が14、15の両日、成田市の成田山新勝寺と表参道周辺で開かれる。30回目を迎える今年は成田山開基1080年祭御開帳と成田空港開港40周年のプレイベントとして例年を上回る盛大なプログラムを用意している。

 祭典は14日午前10時、新勝寺大本堂前で1080人の打ち手が一堂に集う「千願華太鼓」で開幕。午後5時からは大本堂前の特設ステージにかがり火がともり、メーンイベントの「成田山千年夜舞台」がスタート。新潟県佐渡島を拠点に世界各地で活躍する国内屈指の太鼓芸能集団「鼓童」も初出演し、各チームが迫力あふれる演奏を披露する。

 表参道沿いには8カ所の特設ステージが設けられ、参加団体がパフォーマンスを展開するほか、15日午後3時からは和太鼓や伝統舞踊などバラエティーに富んだパレードが参道が練り歩く。

 問い合わせは実行委員会(電話)0476(24)3232。