桜、菜の花描いたゾウ! 「結希」と「りり香」ショーでお披露目 市原ぞうの国

  • 0
  • LINEで送る

キャンバスに満開の桜を描く「りり香」=市原市山小川の市原ぞうの国

 一足早く桜満開-。市原市山小川の動物園「市原ぞうの国」で、幼い2頭のアジアゾウが桜と菜の花の絵を描き、来園者に春の彩りを届けている。

 お絵描きや文字書きが上手な人気者「ゆめ花」(10歳)は現在、沖縄県で“妊活中”のため、今回は「りり香」(4歳)と「結希」(3歳)が筆を執った。2頭とも経験は浅いが、いずれも来園者を驚かせるほどの画力の持ち主だ。

 2頭は自慢の鼻を使ったフラフープ回しや楽器演奏などが楽しめる「ぞうさんショー」の中でお絵描きを披露。鼻先でつかんだ筆で「りり香」が桜、「結希」が菜の花をそれぞれ描き、会場を沸かせている。

 同園は「2頭は“鼻さばき”が異なり、どちらも個性豊かな絵を描いている」と見どころを紹介し、来園を呼び掛けている。

 「ぞうさんショー」は1日2回開かれ、桜と菜の花のお絵描きは4月中旬ごろまで行われる予定。問い合わせは同園(電話)0436(88)3001。