「松戸ナンバー」申請 2020年導入に向け市

  • LINEで送る

 松戸にご当地ナンバーを導入しようと、松戸市は22日までに千葉県に対し「地方版図柄入りナンバープレート導入申込書」を提出した。申込書は3月にも県を通じ国土交通省に届けられ、検討される。導入地域として決定されれば、2020年には「松戸ナンバー」の車が走ることになる。

 現在、松戸市は「野田ナンバー」だが、市は地域振興や市民に地元への愛着を持ってもらうことを目的に、昨年8月に市内の3千人を対象に意識調査を実施するなど、ご当地ナンバーの導入を検討してきた。

 調査では1524人の回答があり、42・2%の643人が新ナンバーを希望。「どちらでもよい」と無回答は合わせて46・8%の711人。「野田ナンバーでよい」は11・1%の169人だった。

 市は賛成多数と判断。2017年10月30日に県に導入意向表明書を提出していた。今後、図柄を公募し、優秀な作品の中から市民投票で1作品を選び、12月までに国に提案する。

 県内では、06年に「柏」と「成田」のご当地ナンバーが導入されている。