いかつい姿の憶病者? オオホモラ 【海の紳士録】

  • LINEで送る

 オオホモラは、房総半島から種子島にかけての水深200メートルより深いところに生息する大型のカニで、脚を広げた幅は50センチを越える。鋭い 棘に覆われた甲と、それに比べて細くて長いはさみや脚を持つことで、一見、世界最大の節足動物であるタカアシガニに似ている。しかしながら、タカアシガニ との大きな違いは、最後の一対の脚が、他の脚に比べて明らかに小さいことである。

 オオホモラとは一般には聞き慣れない名前だが、このカニの属する「ホモラ科」が学名をそのまま和名として用いられているためで、大型になるホモラ科のカニ、という意味である。ちなみに、タカアシガニは「クモガニ科」という少しかけ離れたグループに属する。

 海の博物館のある勝浦市では、キンメダイ漁が盛んであるが、オオホモラはその釣り糸にからまって混獲されることが少なくない。これまでに、地元の 漁師さんから直接、あるいは勝浦水産事務所を通して、このカニの標本をいくつも提供していただいた。標本を手に入れるのが簡単なカニではないため、大変あ りがたいことである。

 ある個体では、水揚げされてしばらく経ったバケツの中でも元気で、その小さな最後の脚で、甲を隠すようにカイメンを背負っているところを観察する ことができた。甲ばかりでなく、はさみや脚にも鋭い棘が密生しており、カニとしてはかなりいかつい部類に入るのだが、そのような見た目に反して、何かに怯 えるようにカイメンを背負っている姿は、何とも微笑ましいものであった。(千葉県立中央博物館分館海の博物館 奥野淳兒)