階段彩る光模様 女優・高梨臨さん点灯 船橋・ららぽーとXマスイルミ

 大型商業施設のららぽーとTOKYO―BAY(船橋市浜町)で2日夜、クリスマスイルミネーションの点灯式が行われ、山の斜面のように飾り付けられた独創的なイルミネーションが輝き出した。同市出身の女優でNHK連続テレビ小説「花子とアン」などドラマや映画で活躍する高梨臨さんが駆け付け、彩りを添えた。

 同店のハーバー通りに面した「かいだん広場」に設置された。建築家の谷尻誠さんと吉田愛さんが率いる建築設計事務所がデザインした。設置場所の「かいだん広場」の形状を生かし、20段ある階段に先端が発光するスティックを山型に配置。光でさまざまなパターンの模様を描き、同店が提唱している「記憶で奏でるクリスマス」を演出しているという。

 点灯式には高梨さんと吉田さんが出席。2人でスイッチを押し、無数の電飾が青白く浮かび上がると、会場に集まった買い物客らから一斉に拍手と歓声が湧き上がった。

 イルミネーションの設置は来年2月14日まで。点灯は午後5時から。


  • LINEで送る