一日署長に坂口杏里さん 流山署

流山の子どもたちに交通安全を呼び掛ける坂口さん=10日、流山市西初石の流山おおたかの森S・C
流山の子どもたちに交通安全を呼び掛ける坂口さん=10日、流山市西初石の流山おおたかの森S・C

 春の全国交通安全運動を前に流山署(長倉一男署長)は10日、流山おおたかの森駅前で交通安全キャンペーンを展開した。

 幼児教育支援センター付属幼稚園の宮崎愛和ちゃん(6)、堀越ゆかりちゃん(5)、松田一冴君(5)、遠井柚貴君(6)の4園児が「横断歩道は右左見て渡ります。車は思いやり運転をお願いします」と交通安全宣言。一日署長のアイドルタレント、坂口杏里さんが「流山は住みやすい、あったかい町。今日は一日、皆さん一緒に頑張りましょう」と呼び掛け、啓発グッズを配って歩いた。

 日曜日ということもあり、多くの買い物客が足を止めた。流山南高校吹奏楽部が演奏で花を添え、県警交通機動隊の西元良太巡査長がバイクの高度なアクロバット運転を披露し、拍手喝采で盛り上げた。

 交通安全運動は11日から10日間。同署は交差点の速度違反や信号無視など警戒を強化する。


  • LINEで送る