オペラに250人酔う 歌手・佐藤康子さんコンサート

表情豊かにオペラを歌い上げる佐藤康子さん(右)とピアノ伴奏のフェデリーコ・ニコレッタさん
表情豊かにオペラを歌い上げる佐藤康子さん(右)とピアノ伴奏のフェデリーコ・ニコレッタさん

 我孫子市出身のソプラノ歌手・佐藤康子さんのディナーコンサート(主催・千原倫理法人会=関道子会長)が21日、美浜区のホテルで開催された。イタリア歌曲や日本の唱歌など13曲が披露され、250人の聴衆が酔いしれた。

 イタリア在住の佐藤さんは、プッチーニ作曲の歌劇「トスカ」など、表情豊かな情感あふれる歌声を響かせ魅了した。また、1曲ごとに背景を紹介。ユーモアたっぷりに明るい語り口で沸かせた。

 ピアノ伴奏のフェデリーコ・ニコレッタさんも、リスト作曲「エステ荘の噴水」など4曲をソロで演奏。繊細さと激しさを併せ持つ響きに会場は拍手喝采に包まれた。

 佐藤さんは帰国まで各地でコンサートに出演するが、すでにチケットは完売。来年3月には、イタリア・バーリのペトルッツェッリ劇場で上演される「蝶々夫人」に出演する予定。


  • LINEで送る