振り込めを未然防止 千葉市緑区の支店に感謝状 千葉南署

振り込め詐欺防止で中台署長(右)から感謝状を贈られる支店員ら=千葉南署
振り込め詐欺防止で中台署長(右)から感謝状を贈られる支店員ら=千葉南署

 千葉南署(中台義夫署長)は、振り込め詐欺の被害を未然に防いだ「千葉みらい農業協同組合椎名支店」(千葉市緑区、糸井光一支店長)に感謝状を贈呈した。

 同署によると、10月15日午後1時ごろ、来店した高齢女性が「孫が女性を妊娠させてしまったため、お金を用意したい」と窓口で多額の現金を引き出そうとしたことから、対応した職員が詐欺被害を疑い、支店全体で協力し女性を説得。同署に通報するなどして被害を食い止めた。

 糸井支店長は「直前で被害を防げてよかった。今後も注意を促していきたい」と話した。

 同署管内の今年の振り込め詐欺被害は、昨年12件に比べ23件(6日現在)と、金額ともに大幅に増加傾向にある。


  • LINEで送る