こども病院に100万円 社会貢献で千葉県生協連

伊達院長(左から2人目)に目録を手渡す田井会長理事(同3人目)=10日、緑区の県こども病院
伊達院長(左から2人目)に目録を手渡す田井会長理事(同3人目)=10日、緑区の県こども病院

 社会貢献活動の一環で、千葉県生活協同組合連合会(田井修司会長理事)は10日、千葉県こども病院(千葉市緑区辺田町、伊達裕昭院長)に100万円を寄付した。

 同病院で行われた贈呈式で田井会長理事は「いろいろな形で子どもを持つ保護者の支えになれるよう、少しでもお役に立てれば」とあいさつ。伊達院長は「病院の利用者は3分の2が就学前の子どもたちで、バックグラウンドのサポートが必要な世帯が多い。子どもたちのために有意義に使いたい」と話していた。

 県生協連では地域と連携した子育て支援活動や未来の子どもたちのために平和な社会を目指す活動などに取り組んでいる。


  • LINEで送る