北総鉄道が増収増益 年間乗客数3・8%増 09年3月期

  • LINEで送る

 北総鉄道(鎌ケ谷市)が1日発表した2009年3月期決算は、売上高に当たる営業収益が前期比3・0%増の148億1800万円、経常利益が7・6%増の33億100万円、最終利益が19・1%増の18億3400万円と増収増益だった。

 年間乗客数は3・8%増の3689万人。千葉ニュータウンの新規入居が1295戸と2期連続で千戸を超えたことが順調な乗客増につながった。ただ、昨年秋のリーマン・ショック以降、マンション建設工事の凍結などが沿線で相次ぎ、下期の乗客数は冷え込んだ。特に定期外の低迷が目立つ。景気低迷の影響はしばらく続き、今期も乗客数の伸びは鈍化すると同社はみている。

 累積赤字は318億円、債務超過は69億円と依然巨額だが、01年3月期以来9期連続で黒字が続き、債務超過額は徐々に縮小している。