海の中で重要な役割 環境整え生きもの育む 【藻じゃーずと学ぶ 海藻いろいろ 千葉県の豊かな海から】

 磯観察などではあまり注目されない海藻ですが、海の中では非常に重要な役割を果たしています。いくつかを紹介します。

 海藻は植物の仲間なので太陽エネルギーを使って、水と二酸化炭素から酸素と有機物を作る「光合成」を行っています。光合成によって作られる有機物は動物たちの食べ物となるものです。つまり海藻は、海の生きものの「食べ物のもと」を作り出しているのです。

 海藻は海水中に溶け込んでいる窒素やリンなどの無機塩類を養分として吸収します。人間などの活動により、大量の窒素やリンが陸から海に流れ込むと、それを利用する植物プランクトンが大発生して「赤潮」と呼ばれる現象を起こすなど、海の環境を悪くする要因となります。海藻が生えていると海水中の窒素やリンを適度に吸収してくれるのです。

 海藻がたくさん生える「藻場」は、動物たちのすみかや産卵場などとして大変重要な場所で、広い藻場があることで、多くの動物たちが暮らしていくことができます。ところが、最近では、藻場がなくなる「磯焼け」という現象が全国各地で見られ、藻場にすむ動物たちが激減してしまった地域もあり、大きな問題となっています。

 その原因は、水温上昇により海藻自体が死んでしまったこと、海藻を食べる動物の活動が活発となり海藻を食べてしまうこと、水の汚れによって海藻が死んでしまったことなどさまざまな説があり、各地で対策が検討されています。(県立中央博物館分館海の博物館・菊地則雄主任上席研究員)


  • LINEで送る