ライバルはふなっしー? 市広報職員を民間から公募 船橋の魅力発信

民間経験のある広報職員の公募の狙いを説明する松戸徹市長
民間経験のある広報職員の公募の狙いを説明する松戸徹市長

 船橋市の松戸徹市長は14日、臨時記者会見を開き、民間経験のある広報担当職員を新年度に1人公募すると発表した。民間企業で培った知識や技能、人脈を生かし、市内外や全国、世界に船橋の魅力を発信して、ブランド力を高める。既に全国、世界を舞台に活動する同市非公認ゆるキャラ「ふなっしー」をライバル視するような取り組みで、市の情報発信強化戦略により相乗効果を目指す。

 民間からの広報担当職員採用は、松戸徹市長が昨年6月の市長選で掲げた公約の一つ。会見で松戸徹市長は「民間経験で得た『市民目線』を船橋市役所に持ち込んでほしい。魅力や素材に富む船橋のフィールドで各種メディアを使った広報に取り組んでもらいたい」と述べた。

 採用は1人で、3月末時点で直近5年のうち2年以上、民間企業で実務としての広報業務を担当した者。観光、イベント企画、マーケティング業務も対象。年齢と性別は問わない。

 条件は「一般任期付き職員」で、課長相当職か次長相当職で処遇。当初の任期は3年とし、市は最大5年まで延長できる。年収は諸手当込み800万~900万円。

 募集期間は17日から来月末まで。選考は、4月上旬に第1次の書類選考を行い、通過者を対象に同月末までに「プレゼンテーション審査・個別面談」の最終選考を実施。採用日は最終合格者と協議の上、6月1日~9月1日の間で決定する。

 船橋は、アンデルセン公園や東京湾・三番瀬など観光スポットを抱える上、特色ある農水産物や技術力を誇る工業製品など素材が豊富。さらに、「音楽の街」「スポーツの街」としても知られるが、「魅力を十分に伝え切れていない」のが課題となっている。

 民間からの広報職員採用は県内では鎌ケ谷、松戸、柏、流山市などで導入されているが、同市では初。問い合わせは同市広報課、電話047(436)2015。


  • LINEで送る