房総通リズム春の観光特集2024

成田山で将棋名人戦 藤井八冠、防衛臨む 4月、市制70周年記念で 「勝負おやつ」募集も

第82期将棋名人戦の第2局の会場となる成田山新勝寺の光輪閣=成田市
第82期将棋名人戦の第2局の会場となる成田山新勝寺の光輪閣=成田市

 成田市が3月31日に市制施行70周年を迎える記念行事の一環として、将棋の藤井聡太八冠が初防衛に臨む第82期名人戦・第2局が4月23~24日に成田山新勝寺の光輪閣で開催されると決まった。市は、将棋ファンが注目する棋士が食べる「勝負おやつ」のメニュー候補を市内菓子店から募ると発表し、地域を挙げた盛り上げも図る。

 市制50、60周年の際に名人戦を開催した実績のある市は、70周年でも目玉イベントとして誘致。小泉一成市長は20日の定例記者会見で「藤井八冠の名人戦は非常に注目が高い。市外から大勢の人に来てもらい、成田に注目してもらいたい」と開催する意義を強調した。

 今回の開催に向けて市は初めて勝負おやつを公募する。市内で営業する店が自薦した菓子商品の中から6品ほど選ぶ。既製品・新商品は問わない。締め切りは26日。

 29日までに書類審査し、3月1~8日に市内小中学生による校内投票で10品に絞り、最終的に70周年記念事業実行委員会が実食審査して4月上旬までに決める。市は「地域の魅力ある商品を全国に発信するまたとない機会」と募集を呼びかけ。詳細は市ホームページに掲載している。


  • LINEで送る