房総通リズム春の観光特集2024

風車工事大詰め 船橋・アンデルセン公園 修理費CF、目標達成も継続

風車に羽根を取り付ける作業の様子=8日、船橋市のふなばしアンデルセン公園
風車に羽根を取り付ける作業の様子=8日、船橋市のふなばしアンデルセン公園

 船橋市のふなばしアンデルセン公園で9月に始まった風車の改修工事が大詰めを迎え、8日は取り外していた4枚の羽根を取り付ける作業が行われた。クレーンでつった長さ約11メートルの羽根を、本場デンマークの職人らが慎重に設置した。本来の姿に戻りつつある園のシンボルが、再び動き始めるのは来年4月。修理費を募るクラウドファンディング(CF)は目標額を達成したものの継続している。

 今回の工事では、羽根を回転させる ・・・

【残り 377文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る