房総通リズム春の観光特集2024

台風13号で被災した養老渓谷 再開期す旅館、環境整備訴え 復旧とともに魅力向上を 【ちば最前線】

台風13号の大雨により養老川が氾濫し、旅館が水に漬かった(秋葉さん提供)
台風13号の大雨により養老川が氾濫し、旅館が水に漬かった(秋葉さん提供)

 台風13号の大雨で養老川が氾濫してから2カ月がたつ。浸水や土砂崩れなどに見舞われた市原市と大多喜町の境にある養老渓谷の温泉旅館は、一部で営業再開の動きが見られるが、いまだに見込みが立たない旅館もある。現地に赴き、現在の様子を確認した。

 秋の行楽シーズン。渓谷周辺の木々も色づきはじめ、歩道を歩く観光客も多く見かけるようになった。中には中国から来たと思われる客もおり、養老川を背景に写真を撮って楽しんでいた。

 ただ、にぎわう大多喜町側の旅館とは対照的に ・・・

【残り 902文字】



  • LINEで送る