房総通リズム春の観光特集2024

夏休み弁当配送実証実験 児童ホームで、事業化見極め 成田市 保護者の負担軽減へ

成田市の児童ホームに弁当を配送する実証実験に向けた協定締結式に参加した小泉市長(中央右)やワタミの肱岡彰彦常務執行役員(同左)ら=市役所
成田市の児童ホームに弁当を配送する実証実験に向けた協定締結式に参加した小泉市長(中央右)やワタミの肱岡彰彦常務執行役員(同左)ら=市役所

 成田市は、小学校の長期休業中に児童ホームへ子どもを通わせる保護者の弁当作りの負担を軽減しようと、外食や宅食事業を行う「ワタミ」(東京都大田区)と夏休みから弁当提供の実証実験を始める。弁当を注文した児童がいる児童ホームへ配送を1年間行い、正式に事業化できるかニーズや課題を見極める。

 児童約1600人が通う市内21カ所35施設の全児童ホームで、1人でも注文があれば同社が弁当を届ける。保護者がホームページで1日分ごとに注文し、クレ ・・・

【残り 398文字】



  • LINEで送る