111歳、県内の最高齢者 藤平さんの長寿祝う 館山

  • LINEで送る

111歳で県内最高齢の藤平りょうさん(前列右から2人目)=27日、館山市
111歳で県内最高齢の藤平りょうさん(前列右から2人目)=27日、館山市

 県内最高齢の111歳、館山市の藤平りょうさんの長寿を祝い27日、館山市から敬老祝い金が贈られた。家族に囲まれにっこりと花束を受け取った。

 藤平さんは1900(明治33)年生まれの111歳で、今年県内最高齢者となった。食事は一口ずつゆっくりと良くかみながら箸で食べ、職員に手を支えられながらも、自分の足で一歩ずつ歩けるという。長年、着物を着ていたためか座る姿も凛(りん)としている。子どもは娘1人だったが、今では玄孫(やしゃご)が10人にまで末広がった。

 金丸謙一市長が「本当におめでたい。高齢者にとって優しいまちづくりをこれからも進めます」と祝福すると、藤平さんは笑顔で応えた。藤平さんが99歳の時の骨折手術を執刀した、同施設を運営する慶勝会の田中耕一理事長も「元気な姿を見ると医者冥利(みょうり)に尽きる」と健康をたたえた。