感染抑制と経済活動の両立 吉崎和宏 【日銀の目】

 新型コロナ感染症が広まり始め2年近く経つ中、日本国内で感染された方は約172万人、お亡くなりになられた方は約1・8万人、千葉県内でもそれぞれ約10万人、約千人にのぼっている。改めてご冥福とお見舞いを申し上げたい。

 この間、感染症の拡大とそのもとでの公衆衛生上の措置の発出が度重なり、経済社会活動の変容が余儀なくされている。国内・外旅行客や来店・来場客の落ち込みなど厳しい事業環境に直面し、ご苦労されている企業も少なくない。

 こうした中、日本銀行では、感染症の影響による下押し圧力を強く受ける飲食・ ・・・

【残り 1363文字】



  • LINEで送る