君津、木更津から大阪USJへ高速バス 17日運行開始 片道約3千円~

君津、木更津の両市と関西地区を結ぶ高速バスの車体イメージ(シダックス提供)
君津、木更津の両市と関西地区を結ぶ高速バスの車体イメージ(シダックス提供)

 総合サービス業を展開するシダックスグループの大新東(東京都江東区)は、17日から君津、木更津の両市と京都、大阪を結ぶ高速バスを運行する。

 同社によると、君津バスターミナルを起点に午後9時20分発。君津、木更津市内と東京・町田を経由し、関西では京都駅から大阪・梅田やなんばを経て終点のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に翌日午前8時着となる。関西方面からは逆ルートで午後8時25分発、翌日午前7時10分着。途中休憩を挟み片道約11時間。乗車人数は最大44人。関西発が17日、君津発は18日が初便となる。1日1便、運転士2人体制で乗務する。

 31日~1月2日の年末年始は運休。1人片道約3千円~1万円(季節や繁忙期で異なる)。

 大新東は、君津、木更津でコミュニティバスやスクールバスなどの運行業務を手掛け、大阪には高速バスの拠点があることから新規路線開設となった。房総と関西地区を結ぶルートは、高速バス業界として初めてという。

 座席予約は、専用サイト「バスのる.jp」(https://www.busnoru.JP/route/osa-chiba)、(電話)06(6371)1131。


  • LINEで送る