“停泊”終えてファン涙 新エリア「希望の星」に 【果てなき航海 東京ディズニーシー20周年】(下)

新エリア「ファンタジースプリングス」の全景イメージ画((c)Disney)
新エリア「ファンタジースプリングス」の全景イメージ画((c)Disney)

 2020年2月29日。いつもは歓声が響き渡る週末の「七つの海」は、閑散としていた。新型コロナウイルス感染拡大でこの日から臨時休園。ゲストを迎えられず、もどかしさを感じながらも“乗船”を再開する日に向け、キャストは整備を進めた。

◆かけがえのない存在

 シーを運営するオリエンタルランド(OLC)は、ゲストが安心して過ごせる環境整備を急いだ。アトラクションの入場待ちで適切な間隔を保つため目印を設置、ミ ・・・

【残り 845文字】



  • LINEで送る