超高齢社会、ゲームで体験 課題解決考えるきっかけに 松戸「コレカラ・サポート」開発

 総人口に占める65歳以上の割合が3割に迫る日本。超高齢社会を体験し、課題解決を考えてもらおうと、松戸市の一般社団法人「コレカラ・サポート」がゲームを開発した。千葉晃一代表理事は「地 ・・・

【残り 807文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る