「顔パス」搭乗、成田空港で実験開始 接触減りコロナ対策も 7月から本格運用

顔認証技術によって搭乗ゲートなどで搭乗券やパスポートの提示が必要なくなるシステムの実証実験がスタート。関係者が顔写真登録などのデモンストレーションを行った=13日、成田空港
顔認証技術によって搭乗ゲートなどで搭乗券やパスポートの提示が必要なくなるシステムの実証実験がスタート。関係者が顔写真登録などのデモンストレーションを行った=13日、成田空港
顔認証技術によってパスポートなどを提示しなくても搭乗ゲートを通過できるようになる=13日、成田空港
顔認証技術によってパスポートなどを提示しなくても搭乗ゲートを通過できるようになる=13日、成田空港

 成田国際空港会社(NAA)は13日、成田空港国際線の一部路線で、顔認証技術を活用し、保安検査場入り口などで搭乗券やパスポートの提示をせずに済むシステムの実証実験を始めた。「顔パス」で搭乗手続きができ、スタッフとの接触も減り新型コロナウイルス対策にもつながる。空港関係者で準備を進め、一般旅客への本格運用は7月に予定している。

 NAAによると、自動チェックイン機でパスポートと搭乗データを登録し、同時 ・・・

【残り 553文字、写真 2 枚】



  • 保安検査場入り口でも顔をパネルに認識させるだけで通過できるようになる=13日、成田空港
  • 顔認証技術によって搭乗ゲートなどで搭乗券やパスポートの提示が必要なくなるシステムの実証実験がスタート。関係者が顔写真登録などのデモンストレーションを行った=13日、成田空港(画像は一部加工しています)
  • LINEで送る