エコカップ試験導入 千葉大カフェ アサヒビール×パナソニック共同開発

エコカップ「森のタンブラー」
エコカップ「森のタンブラー」

 千葉大学経済人倶楽部・絆(森島弘道代表理事)は、同大西千葉キャンパス(千葉市稲毛区)で運営するアエレカフェで、エコカップ「森のタンブラー」を4月末まで試験的に導入する。

 エコカップは、間伐材などの木材から精製したパルプが主原料。アサヒビールとパナソニックが共同開発した。廃棄の際は紙製品に分類されるため、プラスチックごみの削減が期待できるという。

 環境保全を掲げるカフェとエコカップのコンセプトが合致することから導入を決め、アサヒビールから提供を受けた。コーヒーなどの通常メニューで使用し、飲食店での利用拡大に向けて耐久性を調べる。

 同カフェでは食べられる容器「もぐカップ」のテストも実施する。


  • LINEで送る