6割が冬ボーナス減少 業況悪化、支給なしも 県内企業調査

 東京商工リサーチが実施した新型コロナウイルスに関するアンケートで、県内企業の6割が冬のボーナスが前年より減ったと回答した。製造業や飲食店などのサービス業で減少が目立ち、支給できなかった企業もあった。長期化するコロナ禍が経営を圧迫している現状が浮き彫りになった。同社は、2度目の緊急事態宣言発令に「飲食業や観光業を中心にかなりの影響が出る」とさらなる業況悪化を懸念した。

 アンケートは新型コロナの感染 ・・・

【残り 564文字】



  • LINEで送る